07:16 2019年06月19日
野党指導者ナワリヌイ氏

欧州人権裁判所、ロシアに対し、野党指導者ナワリヌイ氏へ2万ユーロの支払いを命じる

© Sputnik / Alexey Kudenko
政治
短縮 URL
0 18

欧州人権裁判所(ECHR)は、ロシア当局に対し、同国の野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏に、違法な自宅軟禁による精神的苦痛に対する損害賠償として2万ユーロを、弁護士費用の返済として2665ユーロを支払うよう命じた。ECHRのサイトで発表された。

スプートニク日本

ECHRの判決では、ナワリヌイ氏に課された制限は「政治的多元主義を抑圧するという目的を追求していた」と述べられている。

2014年2月、ナワリヌイ氏は自宅軟禁下に置かれ、自宅から出ることやインターネットや電話の使用が禁じられた。ECHRは、ナワリヌイ氏に対する制限は違法だと指摘した。

なおロシアのペスコフ大統領報道官はECHRの判決に驚きを表し、「同意することはできないだろう」と述べ、司法省がこの問題に取り組んでいると語った。

2014年12月、詐欺などの罪に問われていたナワリヌイ被告と弟のオレグ・ナワリヌイ被告は、化粧品会社イブ・ロシェ・ヴォストークと、キャッシュレス決済のビジネス分野でサービスを提供しているMPKから3100万ルーブル以上をだまし取ったとして有罪判決を受けた。ナワリヌイ被告には執行猶予付きの懲役3年6ヶ月、弟のオレグ・ナワリヌイ被告には懲役3年6ヶ月の判決が言い渡された。また2人には50万ルーブルの罰金と、MPKに400万ルーブル以上を支払うよう言い渡された。

関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, びっくり, 事件, 裁判所, 欧州, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント