07:35 2019年11月13日

T14「アルマータ」戦車は「革命的設計」 ナショナル・インタレスト誌が評価

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
政治
短縮 URL
筆者 :
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (160)
0 71
でフォローする

米ナショナル・インタレスト誌は23日、汎用装軌プラットフォーム「アルマータ」を基にしたロシアの最新型戦車T14について、その設計が革命的であり、多くの点で北大西洋条約機構(NATO)の主力戦車(MBT)よりも優れているとする記事を掲載した。記事はマーク・エピスコポス氏が執筆したもの。

スプートニク日本

エピスコポス氏は、レーザー誘導ミサイルや500キロを超える航続距離といったT14の特性と性能を指摘。

  • T14「アルマータ」
    © Sputnik / Ilya Pytalev
  • T14「アルマータ」
    © Sputnik / Ramil Sitdikov
  • T14「アルマータ」
    © Sputnik / Grigory Sysoyev
1 / 3
© Sputnik / Ilya Pytalev
T14「アルマータ」

例えば、T14は火力や機動性、残存性を示す指標でNATOのMBTよりも優れているとしている。

さらにT14は、これに匹敵する米国のM1A2エイブラムス戦車に対し、価格の観点ではるかに勝っている。

同誌によると、M1A2の価格が1両当たり600万ドルであるのに対し、T14は同400万ドルだという。

関連ニュース

露の最新型戦車「アルマータ」、2019年に試験開始へ

ナショナル・インタレスト誌 仮に衝突した場合のロシアと米国の戦車の性能を比較

トピック
未来の戦争 世界各国の軍事バランスはどう維持されているか (160)
タグ
ロシア軍, 核兵器, 米国, ロシア, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント