08:17 2020年09月19日
政治
短縮 URL
筆者 :
2810
でフォローする

米誌ナショナル・インタレストは、米国がロシアと関係正常化し、対中連合を結成するため暫定協定を結ぶことが可能だと伝えた。

スプートニク日本

対中連合結成の「最も良い簡単な」方法は暫定協定だという。非公式かつ暫定的な協定で、後に恒常的な協定として締結し直すことも可能だ。

同誌が指摘するところ、ロシアは国境をめぐる安全保障上の挑戦が終われば、欧米との対立に根本的には利益がない。

歴史的観点からも、ロシアは中国より欧米により近い。

同誌は、露米の協定があらゆる衝突を消すわけではないと強調。その一方で、関係がより正常化され、ロシアを含む中国の隣国が影響を受けるだろう中国の拡張への対抗など様々な分野での協力が促進されると指摘する。

同誌はさらに、主要な競争相手である露中が接近しないよう、米国は全力を尽くす必要があると指摘。そうすれば、米国はプーチン大統領と中国の習近平国家主席が、中国の推し進める広域経済圏構想「一帯一路」の国際会議で行った首脳会談で話した内容について気をもむ必要は無くなるだろう。

関連ニュース

トランプ大統領、露中に軍事支出の削減を呼びかける

露中はNATOの新たな脅威=米国務長官

タグ
露米関係, 中国, 米国, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント