02:54 2019年10月23日
ボルトン大統領補佐

ベネズエラ情勢「あらゆる選択肢がある」米大統領補佐官

© Sputnik / Alexey Vitvitsky
政治
短縮 URL
119
でフォローする

ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はベネズエラ情勢の緊張に伴い、米国は「あらゆる選択肢」を検討している、と発言した。

スプートニク日本

米国による軍事介入の可能性はあるか、と記者団が質問したのに対し、ボルトン大統領補佐官は「あらゆる選択肢がテーブルにある」と発言した。同様に米国側はベネズエラ国内の情勢をつぶさに追っており、あらゆる情報を手にしている、とも発言した。

関連ニュース

ロスネフチ、ベネズエラの制裁回避援助との報道を否定

タグ
ベネズエラ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント