13:22 2019年11月22日

米国、空母打撃群をイラン近海に派遣へ

© 写真: Public domain/United States Navy
政治
短縮 URL
0 07
でフォローする

米国は、空母「エーブラハム・リンカーン」を中心とする空母打撃群と、戦術爆撃機部隊をイラン近海に派遣する。ボルトン米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が発表した。

スプートニク日本

ボルトン氏によると、これは米国やその同盟国の利益に対するあらゆる攻撃に「容赦なき力」で対応するという明確なメッセージをイランに送るのが目的。

ボルトン氏は、米国はイランとの戦争を目指しているわけではないが、あらゆる攻撃に対応する万全の準備を整えていると指摘した。

5月2日、米国はイラン産原油を全面禁輸した。米国は半年前に対イラン制裁を発動したが、中国、ギリシャ、インド、イタリア、日本、韓国、台湾、トルコの8カ国・地域は原油禁輸の適用から除外された。だが2日に適用除外措置が終了、イランとの原油取引を行った場合は米国の制裁の対象となる。

関連ニュース

米国防総省、S400を理由にトルコからF35を最終的に奪うと警告

米国 パトリオット交渉でトルコに「前向きな」提案

タグ
軍事, アメリカ軍
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント