11:11 2019年06月18日
イラン 核合意の義務遂行を一時停止

イラン 核合意の義務遂行を一時停止

© AP Photo / Ebrahim Noroozi
政治
短縮 URL
0 51

イランのロウハーニ大統領は、イランは8日、イラン核合意の当事国らに5通の書簡を送り、義務遂行の一時的に部分停止すると通知したことを明らかにした。

スプートニク日本

ロウハーニ大統領のこの声明はプレス・テレビの中継で放映された。

「私の名前で、未だ(合意の)加盟国である諸国の首脳に5通の書簡が送られた。この書簡である我々は1年を待ち…、我々側の義務はすべて順守したことを明らかにした。今日、我々は包括的共同作業計画(イラン核合意)からの離脱は望まないが、合意の枠内で新たな歩みが採択されるだろう。」

これより前にロイター通信はイランのIRIB通信の報道を引用し、英国、フランス、ドイツ、中国、ロシアに書簡が送られたと報じていた。
2018年5月8日、米国はイラン核合意からの離脱を宣言し、イランに対するあらゆる制裁を再び発動した。

ロウハーニ大統領は演説で、欧州諸国に対して交渉のために60日の猶予を与えることを明らかにしている。

関連ニュース

トランプ政権、同盟国とイランへの圧力強化へ=ホワイトハウス

タグ
イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント