23:47 2020年05月28日
政治
短縮 URL
356
でフォローする

ロシアのラブロフ外相は、平和条約に関するロシアと日本の意見の相違について、「今のところ極めて大きい」との見方を示した。通信社スプートニクが報じた。

スプートニク日本

ラブロフ外相は、両国は新たな「令和」の時代にこの意見の相違をどのようにして克服できるかを明らかにしなければならないと述べた。

またラブロフ外相は、新天皇陛下が即位され、幕を開けた「令和」の時代が、ロシアとの関係にとって天恵の時代となることに期待を表明した。

ラブロフ外相はモスクワで日本の河野外相と会談した。今回の会談は、平和条約交渉を加速するための露日協議の3回目。

関連ニュース

タグ
セルゲイ・ラブロフ, 露日関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント