23:25 2019年05月23日
Huawei Logo

ファーウェイ、ブラックリストへの追加に関する米国の決定にコメント

© AP Photo/ Andy Wong
政治
短縮 URL
0 12

中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)は、米商務省が同社をブラックリストに追加する方針であることを明らかにしたのを受け、自社に対する米国の不合理な制限措置は、米国が安全を獲得し、さらに強くなる助けにはならないと発表した。

スプートニク日本

米商務省は、「米国の国家安全保障に反する活動」をしているとして、ファーウェイと関連70社をブラックリストに追加する方針を明らかにした。

ファーウェイは「米国がファーウェイを制限したとしても、これは米国がより大きな安全を獲得する助けにもならなければ、米国をより強くすることもない。これは米国により低品質でありながら、より高額の代替製品の使用を強いり、5Gネットワークの構築において他の国から遅れを取らせるだけだ」と発表した。

トランプ米大統領は15日、情報技術への脅威に関する「国家緊急事態」を宣言し、米国の国家安全保障に容認できないリスクをもたらす取引を禁止する権限を商務長官に委任する大統領令に署名した。

関連ニュース

ブルームバーグ 欧州はファーウェイに対するトランプ政権の主張の論拠を信じない

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント