19:55 2019年06月25日
クナシリ島 【アカーイブ写真】

日本の与党、南クリルをめぐり「戦争」発言をした議員のけん責決議案を提出

© Sputnik / Andrey Shapran
政治
短縮 URL
0 03

南クリル諸島(北方4島)をめぐり「戦争」発言をした丸山穂高衆議院議員に対し、与党・自民党と公明党がけん責決議案を衆議院に提出した。

スプートニク日本

先に野党6党派は、丸山議員の辞職勧告決議案を提出した。

日本維新の会をすでに除名された丸山議員は、議員辞職しない意向を示している。

与党は野党6党派の辞職勧告決議案には同調せず、けん責決議案を提出した。これまでに辞職勧告決議が出されたのは、主に刑事責任を問われた議員。

丸山氏は、ビザなし交流で南クリルを訪れた際、訪問団の団長に対し、「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」と質問、団長が「戦争なんて言葉は使いたくないです」などと答えると、丸山議員は「戦争しないとどうしようもなくないですか」などと述べた。同行した記者団が音声を録音していた。

関連ニュース

自公、丸山氏の「けん責決議案」提出へ

タグ
クリル諸島, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント