04:44 2019年11月20日

日本人記者、ロシア戦勝記念日に違和感

© Sputnik / Pavel Lisytsin
政治
短縮 URL
4417
でフォローする

スプートニクが報じるところ、産経新聞社の小野田雄一記者の見解では、ロシアの戦勝記念日が、第2次世界大戦への立場が異なる日本で「違和感」を引き起こした。

スプートニク日本

小野田氏は、戦勝記念日にロシア各地で軍事パレードが行われ、戦勝旗を手にした人びとが町を行き交うと伝える。小野田氏はロシアと日本が第2次世界大戦に対して異なる立場を持つと指摘した。

小野田氏は、「日本の8月15日の静謐(せいひつ)さを思うと、ロシアの『お祭りムード』にはどこか違和感がある」とする。

小野田氏は、ロシアには「国民結束のよりどころが少ない」が、プーチン政権にとって戦勝記念日は「国威発揚の雰囲気を演出」する良い機会だと見る。

関連記事

タグ
歴史, 第二次世界大戦, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント