00:46 2019年12月15日
トランプ大統領

トランプ大統領:改修予定の「かが」は、地域を脅威から守ることができるようになる

© AP Photo / Evan Vucci
政治
短縮 URL
233
でフォローする

トランプ大統領は28日、安倍首相と一緒に神奈川県横須賀市の横須賀基地で護衛艦「かが」を視察し、「かが」が米国のステルス戦闘機F35を搭載できるよう改修されて空母化することで、地域をさまざまな脅威から守ることができるようになるとの考えを表した。

スプートニク日本

トランプ大統領は、自衛隊員や米海軍の兵士500人を前に、「皆さんもご存知の通り、日本は最近、105機の最新鋭ステルス戦闘機F35の購入を決めた。これにより日本は同盟国の中でF35の最大規模の購入国となった。まもなく、この『かが』はF35を搭載できるように改修され、幅広い地域をさまざまな脅威から守ることができるようになる」と述べた。

トランプ大統領と安倍首相の「かが」の視察を、NHKが中継した。

日本は、護衛艦「かが」と「いずも」を空母に改修する計画。

関連ニュース

タグ
武器・兵器, 安倍晋三, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント