02:03 2019年06月26日
イラン(アーカイブ写真)

米国、対イラン制裁を延期

© AFP 2019 / STR
政治
短縮 URL
0 61

トランプ米政権は、イランの石油化学産業に対する追加制裁の発動を延期した。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルが状況に詳しい関係筋への取材を基に報じた。

スプートニク日本

米財務省は5月中旬に対イラン制裁発動を予定していた。だがアラブ首長国連邦(UAE)沖で石油タンカーが攻撃された事件について、米国がイランの関与を指摘したことを受けて両国が応酬し、戦略が変更された。米財務省は、将来的に新たな制裁措置を導入する可能性を除外していない。

同紙によると、米国はすでにイランの石油化学産業に制裁を発動済み。アンモニア、メタノール、カルバミドを含む石油化学製品の販売が禁じられている。追加制裁は、イランの具体的な石油化学企業を対象にする方針。対象下の企業と取引した法人や個人は、米国で罰金を課され、米金融システムへのアクセスが凍結される。

​関連ニュース

タグ
制裁, イラン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント