18:41 2020年07月13日
政治
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

世界の原油価格は6日、前日の下落から反発している。

スプートニク日本

日本時間13時48分の時点で、北海ブレント原油先物8月限の価格は0.28%高の1バレル=60.8ドル。
WTI原油先物7月限の価格は0.27%高の1バレル=51.83ドル。

6日、市場では前日に2~3%下落した後、修正が見られた。ブレント原油は5日、米国の原油在庫統計の発表を受け、1月29日以来の安値をつけ、1バレル=60ドル台割れとなった。

タグ
金融, 経済, 石油
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント