03:59 2019年06月26日

米司法省がアサンジ被告を新たに起訴へ ウィキリークス

© Sputnik / Justin Griffiths-Williams
政治
短縮 URL
0 13

米司法省は、内部告発サイト「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ被告に対する新たな起訴を準備を進めている。「ウィキリークス」がツイッターで7日、発表した。

スプートニク日本

米司法省は5月23日、「機密情報の暴露では米国史上、最大の事態に関する犯罪で」アサンジ被告が17件のスパイ罪を犯したとして、これを追起訴した。

現在、アサンジ被告は英国の刑務所に収監されている。被告には、保釈条件に違反した罪で禁錮50週が言い渡された。アサンジ被告は過去7年間にわたり、英ロンドンのエクアドル大使館に籠城していたが、エクアドル当局が同被告の亡命資格を剥奪し、4月11日に逮捕された。

アサンジ被告の弁護側は、米国に身柄が引き渡された場合、アサンジ被告は最長禁錮35年あるいは死刑判決を受ける可能性があると危惧しているが、米司法省はアサンジ被告にはハッキング活動に対してわずか5年の禁錮が科される可能性があると主張している。なお英国当局は、死刑判決を受ける可能性がある国にはアサンジ被告を引き渡さないと発表した。

関連ニュース

アサンジ被告の罪は真実の情報開示 米国が本音を露わに

国連特別報告官、アサンジ氏に精神的拷問あったと報告

タグ
米国, ジュリアン・アサンジ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント