01:29 2019年12月15日
菅官房長官(アーカイブ写真)

ロシアとの「領土問題解決し平和条約」と菅官房長官

© AP Photo / Eugene Hoshiko
政治
短縮 URL
118
でフォローする

菅義偉官房長官は7日、ロシアのプーチン大統領が日米軍事協力関係が日露平和条約締結を困難にしているとと語ったことについて「政府としては領土問題を解決して平和条約を締結するという基本方針の下、粘り強く取り組んでいく」と述べた。産経新聞が伝えた。

スプートニク日本

菅氏は安倍氏とプーチン氏が「昨年のシンガポールでの首脳会談で、領土問題を次の世代に先送りすることなく、自らの手で必ずや終止符を打つという強い意志を共有している」と語った。

プーチン大統領は6日、安倍首相と自分が平和条約締結を望んでいることは間違いないものの、日本が米国と協力関係にあることも一因となって、これは難しいプロセスとなっているとする声明を表していた

関連ニュース

タグ
露日関係, 日本, ロシア, 菅義偉
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント