19:58 2019年12月09日

G20環境会合で海洋プラごみ対策の大筋合意

© REUTERS / Kim Kyung-Hoon
政治
短縮 URL
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (180)
102
でフォローする

主要20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合の参加国が16日、海洋プラスチックごみ対策に向けた国際的枠組みを作る大筋で合意した。

スプートニク日本

法的拘束力はないが、これは初めての試み。世界の海へのプラごみ排出を防止および削減するためのベストプラクティスを特定するための政策、計画、および対策に関する情報を共有するよう求める。

枠組みはまた、無駄なごみによる環境への悪影響に関する分野での国際協力を求める。

だが合意では、海洋プラごみになることが多い使い捨てプラスチック削減については明記されなかった。

関連ニュース

トピック
人類にはまだチャンスがあるか? 地球のグローバルな環境問題 (180)
タグ
G20, 日本, 環境
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント