12:33 2020年08月12日
政治
短縮 URL
0 80
でフォローする

トルコのチャブシオール外相は、ロシアのミサイル防衛システム「S-400」の購入契約を理由に圧力を行使する米国にトルコは屈しないことを公言した。

スプートニク日本

シオール外相は「トルコは独立国であり、自国の独立を重んじている」と述べ、米国の執拗な要求によってロシアからの「S-400」購入を退けることはないと明言した。トルコ最大の通信社「アナドル」が報じた。

チャブシオール外相は、トルコは米国とNATOに対し、ロシアのミサイル防衛システム購入問題を話し合う合同の作業グループを創設する提案を行っていた事実を再度指摘した。

トルコのS-400購入契約によってトルコと米国の間には意見の相違が生まれ、米国はトルコにNATOによる安全保障か、S-400の購入かの二者択一を迫った。

関連ニュース

タグ
米国, トルコ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント