23:03 2019年07月21日
欧州委員会のユンケル委員長

ユンケル委員長:欧州員会はロシアとの新たな関係に取り組んでいる

© REUTERS / Ints Kalnins
政治
短縮 URL
0 40

欧州委員会のユンケル委員長は17日、ドイツ中部テューリンゲン州で演説し、ロシア抜きの安全保障構造は成立しないため、EUはロシアとの新たな関係に取り組んでいると発表した。

スプートニク日本

ユンケル委員長は「私はクリミアの併合を非難するが、ロシアに敵対してはならない。ロシア抜きの安全保障構造は成立しない。そのため欧州委員会はロシアとの新たな関係に取り組んでいる。我々は平和に暮らすために人々を互いに導くことを望んでいる」と述べた。欧州委員会のミナ・アンドレーヴァ報道官が自身のツイッターで伝えた。

​クリミアは、2014年3月に行われた住民投票後にロシアの地域となった。住民投票ではクリミア共和国の有権者96.77%とセヴァストーポリの住民95.6%がロシアへの編入に賛成票を投じた。

関連ニュース

タグ
ロシア, 欧州連合, 欧州, ユンケル
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント