03:00 2019年07月22日

日本政府、ロシアからの生鮮鶏肉の輸入解禁検討

© Sputnik / Ramil Sitdikov
政治
短縮 URL
0 51

日本政府はロシア産生鮮鶏肉の輸入解禁を検討していることが明らかになった。日本経済新聞が報じた。

スプートニク日本

報道によると、大阪で28日から開催される20カ国・地域(G20)サミットでの露日首脳会談に合わせて、両政府はロシアから鶏肉を輸入することや加工肉の輸入量を増やすことで合意するとみられる。

昨年、ロシア産食品の対日輸出額は30%増の3億8500万ドル(約422億円)となった。2017年4月、日本は熱処理済みのロシア産鶏肉を、2016年12月には加工済みの牛肉、豚肉、羊肉の輸入を解禁した。

関連ニュース

日露平和条約交渉「前進の可能性ある」=安倍首相

ロシアのおいしいサラミソーセージとハムが日本へ 初荷が出荷【写真】

タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント