01:57 2019年11月16日
菅官房長官(アーカイブ写真)

日本、ロシアとの平和条約交渉に「粘り強く」取り組む=菅官房長官

© AP Photo / Eugene Hoshiko
政治
短縮 URL
G20大阪サミット (55)
137
でフォローする

日本政府は、6月29日に予定されている露日首脳会談を前に、露日平和条約交渉に粘り強く取り組んでいく考えを表した。24日、菅官房長官が発表した。

スプートニク日本

菅氏は「安倍総理大臣とプーチン大統領は領土問題を次の世代に先送りすることなく、みずからの手で必ずや終止符を打つという強い意思を共有している。政府としては領土問題を解決して平和条約を締結するという基本方針のもとに粘り強く取り組んで行く考えだ」と述べた。NHKが報じた。

またNHKによると、菅氏はG20大阪サミットに合わせて6月29日に行われる予定の安倍首相とプーチン大統領の会談について「日ロ首脳会談に向けて、経済分野では、平成28年5月に安倍総理大臣が提案した8項目の協力プランの具体化を中心に、さまざまな分野で調整を進めているが、現時点で会談の結果を予断することは差し控えたい」と述べた。

関連ニュース

日露平和条約交渉「前進の可能性ある」=安倍首相

長崎の老舗企業代表が語るロシア人への愛「日露が平和な関係でいてほしい、それが一番の願い」

トピック
G20大阪サミット (55)
タグ
クリル諸島, 露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント