07:09 2020年05月27日
政治
短縮 URL
130
でフォローする

国連安全保障理事会はイラン情勢を巡る臨時会合を開催し、ホルムズ海峡で起こったタンカー攻撃を安全への脅威と批判した。

スプートニク日本

ニューヨークでは現地時間の24日午後、中東情勢を巡る安保理の臨時会合が開かれた。安保理議長国クウェートのオタイビ国連大使は、ホルムズ海峡で起こったタンカー攻撃を批判し、「航海とエネルギー供給にとって深刻な脅威」と強調した。

そうした一方で、会合では中東情勢がさらに緊張化することのないよう、関係各国に対して最大限、鎮静化に努めるよう要請がなされた。 

関連ニュース

タグ
制裁, イラン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント