11:38 2019年12月13日

日本、中東情勢の安定化に向けて外交努力継続へ

© AP Photo / Shizuo Kambayashi
政治
短縮 URL
0 63
でフォローする

菅官房長官は25日の記者会見で、中東情勢について、日本は関係国と連携しながら中東情勢の安定化に向けて外交努力を継続する方針であることを明らかにした。日本のマスコミが報じた。

スプートニク日本

NHKによると、菅氏はイラン情勢について、日本は米国をはじめとした関係国と連携し、「中東地域の緊張緩和と情勢の安定化に向けて外交努力を継続していきたい」と述べた。
また菅氏は、中東のホルムズ海峡の航行の安全確保は日本のエネルギー安全保障上、「死活的に重要であり、国際社会の平和と繁栄にとっても極めて重要だと認識している」と述べ、日本は中東地域の緊張の高まりを深刻に懸念していると指摘した。

イランとアラブ諸国のメディアは6月13日、オマーン湾で2隻の石油タンカー「フロント・アルタイル」「コクカ・カレイジャス」に対し攻撃が行われたと報道。一部の情報によると、魚雷による攻撃が行われ、その結果2隻の船上では爆発と火災が発生したという。一方、爆発と火災の原因となったのが実際に魚雷攻撃だったことを公式に確認する情報はない。2隻の乗組員らは全員救助され、イラン国内に避難した。2隻のうち一隻を所有する船主によると、フロント・アルタイルには攻撃当時、ロシア人11人が乗っていたものの、その中に負傷者はいないという。

米国は今回の攻撃について、イランが実行したものだとして非難した一方で、具体的な証拠は示していない。これに対してイランのザリフ外相は、タンカーへの攻撃に同国が関与したとする米側による非難について、根拠のないものだと述べている。

関連ニュース

タグ
米国, イラン, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント