12:53 2019年07月23日
露外務省

米国は対話の代わりにイランとの「橋を燃やしている」=露外務省

© Sputnik / Maksim Blinov
政治
短縮 URL
193

ロシア外務省情報・出版局は、米国はイランと対話する代わりに「橋を燃やしている」かのような印象を受けるとのコメントを発表した。

スプートニク日本

同局は、米国はイランと対話する用意があるとの立場を表しているにもかかわらず「橋を燃やしている」と指摘し、米国は自らを世界の運命の支配者だと思い込み、ますますアグレッシブな政策をとり、米国の強制に従おうとしない国々を「罰する」ことを急いでいると発表した。

24日、トランプ米大統領は、イランの最高指導者ハメネイ師を対象とする対イラン制裁に関する大統領令に署名した。

これを受けてイランは、このような形で米国はイランとの対話の道を閉ざしており、イランと対話する用意があるとする米政府の主張はすべて嘘であると発表した。

関連ニュース

タグ
ロシア, 米国, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント