18:37 2019年09月16日

韓国への輸出管理強化は、WTOの規則に則っている=西村内閣官房副長官

© AFP 2019 / Kazuhiro Nogi
政治
短縮 URL
1155
でフォローする

日本が韓国向け半導体材料の輸出管理の強化を決めたことについて、日本の西村康稔内閣官房副長官は、制限措置ではなく、世界貿易機関(WTO)の規則に則っていると発表した。

西村氏は「適切な輸出管理制度の運用が目的だ」とし、「安全保障を目的としたWTOのルールにのっとっており、自由貿易に逆行するものではない」と述べた。朝日新聞が報じた。

日本は1日、韓国向け半導体材料の輸出管理を強化すると発表した。経済産業省は今回の措置について、日韓間の信頼関係が著しく損なわれたためだと説明している。韓国は、半導体材料の輸出について日本が優遇措置を取っていた国のリストから外される。

地元の観測筋によると、日本の今回の決定は、サムスンをはじめとした韓国企業に深刻な打撃を与える可能性がある。

タグ
日本, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント