12:44 2019年07月23日

イラン政府 米国へ交渉を呼びかけ

© REUTERS / President.ir
政治
短縮 URL
0 103

イランのハサン・ロウハーニー大統領は、イラン政府は米国に対し、交渉のテーブルにつき、核合意の履行に戻ることを呼びかけたと表明した。

ロウハーニー大統領は、「我われは、欧州と米国に対し、合理的なアプローチに戻ることや交渉のテーブルにつくこと、相互理解や法の遵守、国連安全保障理事会の決定の履行に立ち戻り、これらの条件の下では共同総合行動計画の範囲で行動するよう勧告した」と語った。イラン国営テレビのテレグラムチャンネルが、同大統領のスピーチを抜粋して放映した。

ハサン・ロウハーニー大統領は、イランは核合意に忠実であり続け、そして他の合意当事者らが核合意の義務を履行したなら、イランは核合意に忠実であり続け、すぐに100%従うことになると語った。

これに先立ちロシアのリャプコフ外務次官は、イランを低濃縮ウラン生産増の可能性へ向かわせる動機を理解できると発表した

イランは、米国の核合意離脱から1年を迎えた5月8日、包括的共同行動計画(JCPOA)と呼ばれるイラン核合意の余剰分の濃縮ウランと重水などに関係する一部の義務の履行を停止したと発表した

イランは、核合意の制限に縛られることはないとの考えを発表した。

またイランは、今回の措置は米国の核合意違反および米国による対イラン制裁の発動、またJCPOAの残りのメンバー(ドイツ、フランス、英国、中国、ロシア)が問題を適切に解決できないことに関連していると指摘した。

イランは、これらの5カ国はイランの利益を守るという約束を60日以内に履行する必要があるとし、米国の行動から生じた問題を解決することができれば、停止した義務の履行を再開すると約束した。

タグ
イラン核合意, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント