13:17 2021年01月24日
政治
短縮 URL
180
でフォローする

ロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、イタリア紙「コリエーレ・デラ・セラ」のインタビューに答え、2024年の大統領任期満了後の予定について語った。プーチン大統領は、2024年の後、政界を引退するかについては触れず、自分の立場としてたくさんの課題が期待されていると強調した。

プーチン大統領は、「この件について話をするのはまだ早いだろう。まだ今後5年間、緊迫した課題に対応しなければならないからだ。そして、私たちが現在注視している世界の急速な変化について、将来を予想することは困難だ。ほんとうに、今私には、自分が持つ能力で取り組まなければならない課題があるのだ」と語った。

プーチン大統領は、ロシアの発展についての計画は、望むようなスピードで常に実現できるわけではないと認めた。大統領によれば、これは不安定な経済状況や外圧の影響などと関係している。

定例のロシア大統領選挙は2018年3月18日に実施された。4期目となったプーチン大統領の任期は2024年まで続く。

関連ニュース

タグ
ロシア, ウラジーミル・プーチン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント