20:39 2019年07月21日
トランプ氏とオバマ氏

トランプ氏のイラン核合意離脱はオバマ氏への「嫌がらせ」前駐米英大使

© AFP 2019 / Saul Loeb
政治
短縮 URL
0 27

キム・ダロック前駐米英大使は本国への公電で、トランプ米大統領がイラン核合意を離脱したのはオバマ前米大統領への「嫌がらせ」だとの認識を示していた。英紙デイリー・メールが報じた。

同紙によると、公電流出で10日に辞任したダロック氏は、公電で、オバマ政権時代に核合意に署名されたために、トランプ氏は「個人的な理由」で核合意から離脱したと指摘した。その上で、トランプ政権のこうした動きを「外交的破壊行為」だとしている。

デイリー・メールによると、ダロック氏がこうした見方を示した公電は昨年5月、当時のジョンソン英外相が離脱を止めるようトランプ氏の説得に失敗したあとに送られた。

タグ
イラン核合意, バラク・オバマ, 欧州, 米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント