02:50 2020年04月08日
政治
短縮 URL
0 60
でフォローする

英国メイ首相の後任として最有力候補のボリス・ジョンソン前外相は15日、米国がイランに対して軍事行動に出た場合、現時点では支持しない姿勢を示した。

ジョンソン氏は同じくメイ首相の後継を目指すハント外相との討論会に参加し、「現時点で首相に就任するとしたら、イランに対する軍事行動は支持しない」と述べた。

一方、ハント外相は、米国もイランも戦争は望んでいないが、情勢が極めて緊張している以上、「偶発的な戦争」のリスクはある、と警告した。

関連ニュース

タグ
ボリス・ジョンソン, イラン, 米国, 英国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント