00:22 2019年11月22日

トランプ政権 仏産ワインに課税 仏のデジタル課税導入に対抗

© Fotolia / 5second
政治
短縮 URL
0 41
でフォローする

トランプ大統領は26日、フランス産ワインに対し課税を検討していることを明らかにした。仏政府が米ハイテク企業を対象にデジタル課税を導入すると発表したことへの反発と見られている。

トランプ大統領は26日、記者団に対し「米ハイテク企業への課税は、本国である米国がすべきだ」と発言し、仏政府によるデジタル課税を批判した。

その後、ホワイトハウスは声明を発表し、仏政府によるデジタル課税の決定は誤りと強調。フランスがデジタル課税を導入すれば米国は仏産ワインに課税する方針だと伝えたとした上で、米国の対応策は間もなく発表されるとした。

トランプ大統領はその後のツイッターで、「マクロン仏大統領の愚行に対応する大規模な措置を発表する」と記し、「アメリカのワインの方がフランスのワインよりも質が良いといつも言ってきた!」と述べた。

​関連ニュース

タグ
経済, フランス, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント