19:46 2019年08月26日
ポンペオ米国務長官

ポンペオ米国務長官、イランに訪問を拒否される

© Sputnik / Alexey Vitvitsky
政治
短縮 URL
0 102

ポンペオ米国務長官は28日、ツイッターで、イラン指導部に対し、協議のために同国を訪れ、地元のテレビを通じて演説することを提案したが、拒否されたと伝えた。

またポンペオ氏は「我々は、イランのモハマド・ジャバド・ザリフ外相が米国に来ることを恐れてはおらず、同氏は米国で自由に話をする権利がある。イランの宗教指導者アリ・ハメネイ 師の体制は、私がイランで同様のことをするのを許可できないほど状態が悪いのだろうか?彼らの国民が真実を完全にそして検閲なしで聞いたら何が起こるのだろうか?」と付け加えた。

​さらにポンペオ氏は、必要であれば協議のためにイランを訪問する用意があると述べた25日の通信社ブルームバーグのインタビューの一部も抜粋して伝えた。

28日、イラン政府の報道官は、ポンペオ氏とインタビューを行うために、イランのテレビ局「プレスTV」の女性ジャーナリスト、マルジエ・ハシェミ氏を米国に送る用意があると発表した。


現在、イランと米国の対立は頂点に達している。米国は再び対イラン制裁に訴え、軍事力を活発に誇示している。イラン軍による米海軍のドローン撃墜を受け、米ホワイトハウスはイラン高官らに制裁を科し、ハメネイ師も追加制裁の対象になった。

タグ
イラン, 米国, マイク・ポンペオ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント