10:00 2019年10月19日
ペンタゴンがヨーロッパへの大規模な部隊展開を準備している

ペンタゴンがヨーロッパへの大規模な部隊展開を準備している

© AP Photo / Risto Bozovic
政治
短縮 URL
0 14
でフォローする

アメリカ合衆国陸軍省がヨーロッパに部隊を投入・展開するための下請業者を積極的に探している。7月、陸軍省はこの募集情報をアメリカ国家調達の公式サイトに掲載した。

掲載された文書によると、ペンタゴンが探しているのは人員と重量のある軍事貨物をヨーロッパで輸送できる企業だ。

募集情報にはおおよその移動ルート、国境通過点、税関手続きの手順、主要な行き先と距離が記されている。英国からバルト三国に至るまで、ヨーロッパ全体をほぼ網羅している。

アメリカ合衆国陸軍省には、一般的な建設作業用の30トンクレーンから荷重量300トンの超巨大クレーンに至るまで、あらゆるサイズのクレーンが必要になる。ヨーロッパの道路を輸送するのに用いられるのは積載量2.4トンから80トンの商業用トレーラートラックになる予定だ。比較のために言えば、アメリカの戦車M1エイブラムス1台が約55トンである。

快適な旅:軍用の輸送車両は厳しい要求に応えなければならない

人員の輸送には、8人から70人乗りのバスが必要になる。車両と運転手には厳しい条件が求められる。例えば、バスはエアコンとトイレを完備していることが必須で、長時間のノンストップ走行に耐えられるものでなければならない。

募集情報に個別の項目として書かれているのが、アメリカとNATOの軍事基地への第三者のアクセス制限である。例えば、英国、ルーマニア、ポーランドの領土で軍事輸送が許されているのは北大西洋条約機構加盟国の国民のみである。

米軍欧州司令官のベン・ホジェス中将によると、ドイツとポーランドを結ぶ鉄道線は戦闘行為には不十分であり、このほか、ヨーロッパの橋の多くが戦車の重量に耐えられないという。ちなみに、ポーランドは7ヶ国と国境を接しており、そのうちNATO非加盟国はベラルーシ、ロシア、ウクライナの3ヶ国のみである。

関連記事

タグ
軍事基地, 軍事, 欧州連合, 米国, NATO, 米国防総省・ペンタゴン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント