00:57 2019年11月21日
トルトネフ氏

極東連邦管区大統領全権代表、日本の抗議にもかかわらずクリル列島に今後も新事業を構築すると発表

© Sputnik / Alexei Druzhinin
政治
短縮 URL
南クリル諸島:不和あるいは協力の島? (82)
298
でフォローする

ロシアのトルトネフ副首相兼極東連邦管区大統領全権代表は、東方経済フォーラムの総括記者会見で、クリル列島での産業インフラ建設に対する日本側の抗議について質問を受け、シコタン島やその他のクリル列島の島々では今後も新たな事業が構築されると答えた。


9月5日、シコタン島でロシア最大の水産加工工場が稼働を開始した。同工場は最も近代的な設備を備えており、65億ルーブル(約101億ドル)の民間投資によって建設された。

工場の処理能力は1日あたり最大1000トン。新工場ではさまざまな種類の原料(スケトウダラ、マダラ、ニシン、サバ、イワシ、イカ、サンマ、副次産物)から深加工製品(切り身)を含む冷凍食品を生産することができるという。


トルトネフ氏は「(シコタン島の)事業はロシア領内に構築された。(日本側から)抗議があったことは知らなかった。誰かが抗議をするのは不思議なことだ。今後もシコタン島やクリル列島のその他の島々に新たなプロジェクトを構築する」と述べた。

日本の菅官房長官は6日、シコタン島の水産加工工場の稼働式典に関して外交ルートを通じてロシア側に抗議したことを明らかにした。

菅氏は「5日に外務省のロシア課長から在日ロシア大使館の参事官レベルに申し入れした」と述べた。日本経済新聞が報じた。

在日ロシア大使館は、日本の申し入れは受け入れられないと判断した。ロシア大使館は「南クリル列島は第二次世界大戦の結果に応じて法的根拠に基づいてロシアに属している。したがってロシア側は、その領土の社会的発展のためにあらゆる措置を講じる権利を有する」と発表した。

関連記事

トピック
南クリル諸島:不和あるいは協力の島? (82)
タグ
クリル諸島, 露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント