01:27 2019年12月12日

米情報機関職員が、トランプ大統領と外国の指導者との会話について訴える

© REUTERS / Tasos Katopodis
政治
短縮 URL
0 03
でフォローする

ワシントンポスト紙は、消息筋の情報をもとに、米情報機関の職員が、トランプ大統領とある外国の指導者の気がかりな会話について上層部に訴えたと報じた。

トランプ氏が誰と、何について話したのかは不明だが、会話にはある種の約束が含まれていたという。

この約束を情報機関職員は非常に気がかりなものであると考え、警鐘を鳴らした。

元役人の1人はワシントンポスト紙に、会話は電話で行われたと語った。

インテリジェンス・コミュニティーの監督官、マイケル・アトキンソン氏は、この情報は信頼できるものであり、訴えは「緊急」であることを明らかにした。

通常であれば、上下両院の監視委員会に詳細が通知されるはずだが、ジョゼフ・マグワイア国家情報長官代行は、議員と詳細を共有することを拒否した。

訴えが提出されたのは8月12日。ワシントンポスト紙がホワイトハウスの文書をもとに報じたところによると、トランプ大統領は過去5週間の間にロシアのプーチン大統領を含む少なくとも5人の外国の指導者と交流、または行動を共にした。

またトランプ氏は、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長から少なくとも2通の書簡を受け取った。

この訴えは、米情報機関と米議会の緊迫した対立を引き起こした。

タグ
ロシア, 米国, ドナルド・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント