21:59 2019年11月14日

日米貿易協定 閣僚級会談が終了 日米首脳会談で署名に  

© AFP 2019 / Toshifumi Kitamura
政治
短縮 URL
126
でフォローする

23日午後(日本時間24日午前)、 ニューヨークで開催されていた日米の閣僚級協議で貿易交渉が終了 した。同交渉をめぐっては、 茂木敏充外相が米通商代表部のライトハイザー代表と会談を行い、 交渉がすべて終了し合意に達したことが明らかにされた。今後、2 5日に予定される日米首脳会談で最終的に合意文書に署名が行われ 、共同声明が出される見通し。

日米貿易協定に関しては8月の首脳会談で基本的な合意は行われ、 9月末の協定署名を目指すことで一致していた。

日本側が米国に求めていた工業品分野での自動車関税の撤廃につい て、日本政府は首脳会談で確約を得たい考えで、 今回そのための調整が行われたもよう。トランプ政権はこれまで「 通商拡大法232条」 にもとづく自動車への関税をちらつかせてきており、 発動されれば日本の自動車産業への影響は大きい。 茂木外相は記者団に対し、 心配されている内容にはならない旨を明らかにした。

正式な協定文書への署名は国内での法的な審査が必要なため、 秋の臨時国会へ協定の承認案が提出される予定。

関連ニュース

安倍首相 内閣改造会見 新外相で日露関係に粘り強い交渉力 経済外交の展開を期待

タグ
日米関係
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント