23:21 2019年11月17日
ペスコフ報道官(アーカイブ写真)

「ロシアと日本は平和条約締結の道を探さねばならない。これは非常に困難だが、作業は続けられる。」 ロシア大統領府報道官

© Sputnik / Ilya Pitalev
政治
短縮 URL
1162
でフォローする

「 ロシアと日本は平和条約締結の道を探さねばならない。これは非常に困難だが両国の国益に適うことだ。この路線での作業は続けられる。」ロシア大統領府のペスコフ公式報道官はこうした声明を表した。

ペスコフ報道官は、「我々はこれを望んでおり、安倍首相も望んでおり、安倍政権の多くのメンバーも同じ希望を抱いているが、これは非常に非常に困難だ」と補足した。

ペスコフ報道官はさらに、現状況では日米の同盟関係がこの条約の締結を難しくしていると指摘している。

「我々の同僚である日本の(負う)同盟国としての義務、つまり事実上、米国が、日本のいかなる場所にも様々な軍事インフラを配備することができ、事実上、これについて日本の許可を求める必要がないという状況と我々は直面してしまった。この状況がこの先の作業を非常に困難なものにしてしまっている。」

関連ニュース

タグ
ドミトリー・ペスコフ, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント