18:36 2019年11月12日

茂木外相 ロシア・ラブロフ外相と初会談 平和条約などで意見交換

© Sputnik / Aleksander Scherbak/POOL
政治
短縮 URL
142
でフォローする

25日午後(日本時間26日未明)、茂木敏充外相は、 訪問先のニューヨークでロシアのセルゲイ・ ラブロフ外相と会談した。 茂木外相がラブロフ外相と会談するのは、就任後はじめて。 日本とロシアの平和条約締結をはじめ、 今後の協議の仕方について意見交換を行った。

茂木外相の早期のロシア訪問について調整を行うことで一致した。 また、ラブロフ外相は、11月に名古屋市で開催される20ヶ国・ 地域(G20) 外相会合にあわせて日本を訪問することを明らかにした。

初会談は約45分にわたり行われ、 主に日ロ間の平和条約の締結について、 今後の話し合いの進め方を調整した。 茂木外相は交渉の責任者としてしっかりと議論を進めたい旨を伝え 、ラブロフ外相も確固とした関係の構築に力を注ぐと応じた。

また、両外相は、南クリル(北方4島) での共同経済活動について、 観光やごみ処理分野で具体的な動きがあることを歓迎した。 茂木外相は、10月に予定する観光ツアーの試行事業を成功させ、 今後につなげていくために協力する旨を示した。

関連ニュース

「ロシアと日本は平和条約締結の道を探さねばならない。これは非常に困難だが、作業は続けられる。」 ロシア大統領府報道官

タグ
クリル諸島, ロシア, 日本, 露日関係
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント