05:33 2019年11月15日
ブレグジット

英国、合意なきブレグジット時の緊急対策が始動

CC0
政治
短縮 URL
Brexit:英国のEUからの離脱 (151)
0 31
でフォローする

イギリス政府は合意なきブレグジット(欧州連合離脱)に備えた緊急対策「イエローハンマー・オペレーション」を始動させつつある。この緊急対策の担当者であるマイケル・ゴーヴ・ランカスター公領大臣が発表した。スカイ・ニュースが報じている。

このオペレーションの枠内で英国政府は、英国が合意なし(ノー・ディール)にEUを離脱した場合に国内で起こりうる問題の解決プランを策定した。

オペレーション始動は、EUがブレグジットの再延期には応じない可能性を踏まえての措置。ゴーヴ大臣は、英国は以前の予定通り、10月31日を期限にEUを離脱する意向だと語った。

今年9月、英国政府はイエローハンマー・オペレーション計画の詳細を公表した。本文書には、最悪のシナリオの場合、英国で一定の種類の食品供給量が減少する可能性について言及されている。これ自体で食糧不足には陥らないが、食品の入手可能性と選択肢は制限され、価格は上昇する。また医薬品や燃料の供給の中断、全国で大規模抗議活動の可能性がある。

EU宛にブレクジット延期を要請する書簡。送り主はジョンソン首相ではない。

10月19日、英国議会議員は、首相がEUにブレグジット延期を求めることを義務付ける修正案を支持した。しかし投票後のボリス・ジョンソン首相は、それを行わないと発言した。

この後、ドナルド・トゥスク欧州理事会議長は、英国政府からブレグジット延期に関する書簡を受け取ったと述べた。新しい期日は2020年1月31日。しかし英国メディアが伝えるところによると、ジョンソン首相はトゥスク議長に個人書簡を送り、ブレクジット延期は誤りであると告げたという。

トピック
Brexit:英国のEUからの離脱 (151)
タグ
ボリス・ジョンソン, 欧州連合, 欧州, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント