05:19 2019年11月15日
NATO軍

NATO軍 GPS機能の懸念からコンパスと地図の使用習得へ

© Sputnik / Stanislav Savelyev
政治
短縮 URL
0 20
でフォローする

北大西洋条約機構(NATO)のミッションに参加しているベルギー軍の兵士らが、再び地図とコンパスの基本的な使用方法の習得が必要となった。これはGPSシグナルが妨害されるおそれがあるためだ。情報筋を引用し「ド・モルゲン」紙が報じた。

同紙によれば、「軍の指導部はGPS機能の脆弱性を不安視している」という。これは、昨年ノルウェー北部で実施されたNATO軍による大規模演習「トライデント・ジャンクション」の中で明らかにされた問題。

以前、ノルウェー国防省とフィンランド外務省は、昨年の10月25日から11月7日にかけてNATO軍が実施した演習「トライデント・ジャンクション」で、GPSシステムの機能が妨害を受けたとしてロシアを非難した。NATOは、民間でも使用されているGPSシステムのシグナルへの干渉は危険で無責任なものだと表明した。

ド・モルゲン紙によれば、「演習と訓練の過程でとりわけ注意が向けられたのは、地形図とナビゲーション用のコンパスを再び使用することだった」。

ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は記者団に対し、「現在、あらゆる問題をロシアの仕業として非難する傾向」があるとし、概して「これらの非難には根拠がない」と語った。

タグ
ロシア, NATO
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント