02:55 2019年12月12日
フランスのマクロン大統領(アーカイブ写真)

英国政府はブレグジット延期について納得のいく説明をすべき=マクロン大統領に近い情報筋

© REUTERS / Philippe Wojazer
政治
短縮 URL
Brexit:英国のEUからの離脱 (155)
0 21
でフォローする

英国は欧州連合(EU)の加盟各国が英国のブレグジット延期に同意できるよう納得のいく根拠を示すべきだ。25日、フランスのエマニュエル・マクロン大統領に近い筋の発言をロイター通信が報じた。

「フランスは正当で節度ある延期を支持する。しかし、現在そうしたものは私たちに示されていない。私たちは英国に対し、状況を明らかにすること、そして延期はまだ委任されていないことを示す必要がある」。

以前フランスが選挙や国民投票の実施について言及したその政治的で正当な説明を英国が示すという条件に対し、フランスがどのくらいの期間合意を用意できるのか、情報筋は話すことが困難だった。情報筋によれば、マクロン大統領は時間的要因に対して圧力を維持することを確信している。

以前のマイケル・ゴーヴ・ランカスター公領大臣の発表によれば、イギリス政府は合意なきブレクジット(欧州連合離脱)に備えた緊急対策「イエローハンマー・オペレーション」を始動させつつある。

関連記事

トピック
Brexit:英国のEUからの離脱 (155)
タグ
英国, エマニュエル・マクロン, フランス
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント