06:59 2019年11月16日
ポンペオ米国務長官(アーカイブ写真)

ポンペオ国務長官、対イラン追加制裁を発表

© Sputnik / Alexey Vitvitsky
政治
短縮 URL
116
でフォローする

ポンペオ国務長官は1日、米国がイランに対する追加の制限措置を発動したと発表した。

今回の制裁はイランの建設事業とミサイル開発計画に関するもの。

2015年7月、英独露米仏中とイランは核合意に達したことを明らかにした。合意でイランに対する制裁が解除される代わりに、イランは核プログラムを制限することが決められた。ところが合意の寿命は3年ももたなかった。2018年5月に米国は一方的に合意からの離脱を宣言。イランと取引をする第3国をも対象に含める、イランへの強硬な制裁を復活させた。

そのちょうど1年後、イランは核合意の一連の項目の遂行を停止すると発表。その後イランは、合意によって銀行、石油分野で見込まれていた経済的利益の保障というイラン側の要求を、核合意の参加国らが60日以内に満たすことができなかったという理由で、履行縮小の第2弾を発表している。

関連ニュース

タグ
制裁, 米国, イラン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント