17:12 2019年12月08日

戦没者遺骨持ち出しをロシア側が拒否 取り違え問題が影響か

© Sputnik / Dmitry Astakhov
政治
短縮 URL
0 30
でフォローする

戦没者の遺骨取り違えが問題となる中、日本の厚生労働省が極東ロシアで収集した遺骨の一部を日本に持ち帰ってDNA鑑定しようとしたところ、ロシア側が「日本人のものかどうか確認できていない段階で遺骨を持ち出すことは法的に課題がある」として許可を出さなかったことが明らかになった。NHKが報じた。

シベリア抑留者の遺骨取り違え問題を受けて厚生労働省は目視で日本人のものかどうか判断できない遺骨については検体だけを持ち帰りDNA鑑定で判断する新たな方針を打ち出している。

厚生労働省は11月、サハリンや千島列島北部のシュムシュ島で見つかった18人分の遺骨をロシア側から受け取った。しかし、このうち11人分は日本人の遺骨かどうか確認できなかったため、検体を持ち帰り鑑定を進める決定を伝えたところ、ロシア側は「日本人のものかどうか確認できていない段階で遺骨を持ち出すことは法的に課題がある」として許可せず、遺骨はサハリンの博物館で一時的に保管することになった。

厚生労働省は今後、外交ルートを通じて遺骨の取り扱いについて、ロシア側と協議する予定。

関連ニュース

タグ
日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント