02:59 2019年12月10日
韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相

韓国外相、GSOMIA失効前に米国務長官との会談を計画

© AP Photo / Hau Dinh
政治
短縮 URL
日韓関係の緊張増大 (92)
0 0 0
でフォローする

韓国の康京和外相は来週に米国を訪問する計画。外相は、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が今月23日に失効するのを前に、米国を訪れる方向で調整を行っている。韓国の聯合ニュースが、消息筋の情報をもとに報じた。

聯合ニュースによると、康外相はポンペオ米国務長官との会談を望んでおり、GSOMIA終了について米国側の理解を得たい考え。

消息筋によると、康外相は会談で、GSOMIA終了の決定は韓米関係とは無関係であることを説明するという。

また聯合ニュースによると、康外相は日本の名古屋で今月22日と23日に開催されるG20外相会合への出席も前向きに検討している。

米国は日韓のGSOMIAを、日米韓3カ国による協力の重要な要素とみなしており、延長を強く求めている。

米国のエスパー国防長官は13日、GSOMIAは維持されなければならないと述べ、北朝鮮のあらゆる行動に対応するための情報共有の重要性を強調した。


8月中旬、韓国は日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA) 期限延長を拒否した。これは日本政府が韓国をホワイト国(輸出管理優遇対象国) リストから除外したことへの報復措置とみられている。7月初旬、 韓国が1910- 1940年の日本統治下時代に日本企業により労働を強いられた韓 国人(元徴用工)に対し補償金支払いを求めたため、日本側は「 韓国との信頼関係が損なわれた」と発言した。

関連ニュース

韓日関係正常化すればGSOMIA延長化を検討=韓国国家安保室長

トピック
日韓関係の緊張増大 (92)
タグ
韓国, 日本
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント