22:04 2020年04月02日
政治
短縮 URL
0 200
でフォローする

ロシア外務省のマリア・ザハロワ公式報道官は、ロシアはロシア連邦および日本の両国民の往来の簡略化を促進する構えであり、日本国民向けの電子ビザ体制を2021年からロシア全域で開始することを明らかにした。

ザハロワ報道官は「ご存知のようにロシアは日本に対し、相互にビザ制度を廃止するよう何度も提案してきており、この分野で一連の一方的な措置を採択してきた。そのひとつが日本国民のロシア連邦の一連の構成体への渡航の電子ビザの拡大だ」と語っている。

ロシアは日本国民向けには現在、極東、ブリヤート、カリニングラードに限定し、電子ビザを発行している。

ザハロワ報道官は「2021年から電子ビザ体制はロシア全域へ拡大される」と述べた。

関連記事

タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント