03:33 2019年12月10日
マーク・エスパー国務長官(アーカイブ写真)

米韓軍事演習、延期決定 北朝鮮との関係改善に配慮

© AFP 2019 / Getty Images/Pete Marovich
政治
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国マーク・エスパー国務長官は日曜日、今月末に予定されていた米韓軍事演習を延期すると発表した。北朝鮮との外交交渉後押しするためという。米国AP通信が伝えている。

報道によるとエスパー国務長官は、「これは平和保障、朝鮮半島非核化に向けた政治的合意、いわば取引成功を促すための米国と韓国の善意だ」と語った。

またエスパー国務長官は、北朝鮮からも核軍縮交渉において同様の「善意」を期待するとしている。

エスパー国務長官によると、軍事演習は延期するものの、米韓は完全な戦闘態勢を整えるという。


ビジラント・エースは2015年に始まり、2017年の訓練には最新鋭ステルス戦闘機F22(6機)やF35A(6機)、米戦略爆撃機B1Bなど両国の航空機約270機が投入された。当時、北朝鮮は対韓国窓口機関である祖国平和統一委員会を通して、「核戦争の局面へと追い込む厳重な軍事的挑発」と強く非難した。

タグ
軍事演習, 軍事, 核兵器, 北朝鮮, 韓国, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント