02:53 2019年12月10日
軍事演習

米国はなぜ韓国軍との合同軍事演習を延期したのか

© AFP 2019 / Jung Yeon-Je
政治
短縮 URL
0 0 0
でフォローする

韓国の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防相との会談後、米国のマーク・エスパー国防長官は香港で記者会見を行い、米国と韓国は11月末に予定していた軍事演習「ビジラント・エース(Vigilant Ace)」を、北朝鮮との関係確立の過程であることを考慮し、延期すると発表した。

「テイラー・レポート」によれば、朝鮮半島の非核化に関して北朝鮮と米国間の会談が実施されることから軍事演習「ビジラント・エース」はすでに昨年キャンセルされたが、その際、米国と北朝鮮との関係はまだ破断していなかった。

米朝間の対話は今年10月初めにスウェーデンでのサミットで継続されるはずだったが、しかし、北朝鮮は出席を拒否し、米国は北朝鮮にとって有益ないかなる提起もしておらず、いかなる譲歩も示していないと発言した。

そして米国側からはじめて譲歩が行われた。マーク・エスパー国防長官は、「我々は、外交的努力と平和的解決に向けたアプローチのための好ましい環境づくりに向け親愛を示すため、こうした決定をくだすことにした。北朝鮮が同じように友好的な意思を示すことを我々は呼びかける」と発言した。

専門家らは、マーク・エスパー国防長官の発言は、北朝鮮政府を交渉のテーブルに戻らせるための米国政府の新たな試みだと考える。トランプ大統領はこの点について成功を確信し、自身のツイッターで「近いうちに会いましょう!」とつぶやいた。

​関連記事

タグ
軍事演習, 米国, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント