01:25 2019年12月13日

「香港人権・民主主義法」に米大統領が署名 中国は反発強める

© AFP 2019 / Olivier Douliery
政治
短縮 URL
香港デモ (69)
0 71
でフォローする

トランプ米大統領は27日、香港の民主派運動を擁護する「香港人権・民主主義法案」に署名した。中国が香港に高度の自治を保障する「一国二制度」を守っているかどうか米政府に毎年検証を求める法案として知られており、中国政府は反発を強めている。

トランプ大統領は香港警察に催涙ガスや催涙スプレーなど、特定の軍用品を輸出することを禁じる法案にも署名した。トランプ大統領自身は署名に消極的だったが、法案がほぼ全会一致で上院と下院を通過したことで、政治的選択の余地はなくなった。

トランプ大統領は声明の中で、中国の習近平国家主席を「尊重」していると述べた上で、中国と香港の指導部が「穏便に和解できること」に期待を寄せた。

一方、中国側は反発を強めている。中国外務省は声明を発表し、「ヘゲモニーを握ろうとする露骨なふるまい」という言葉で成立した法案を批判した。また、これらの法案は中国に対する内政干渉に相当するとして、対抗策を講じるとした。そして、この対抗策による弊害は「米国が被ることになる」として強くけん制した。


香港では、中国の法律に違反した疑いのある人物や指名手配されている犯罪人を香港から中国本土に引き渡すメカニズムの確立を目的とした法案に反対する大規模な抗議デモが数カ月前から続いている。

香港の林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は世論の圧力を受け、同法案を議題から外すことを発表したが反政府デモはおさまらず、数十万人が街頭に出て反対の意志を示している。警察は一度ならず催涙ガスを使ってデモ隊を解散させてきた。

この抗議活動による逮捕者は4千人を超えたほか、警察による鎮圧で1500人以上が負傷した。

関連ニュース

トピック
香港デモ (69)
タグ
中国, 米国, 抗議, 香港
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント