07:38 2020年10月24日
政治
短縮 URL
0 14
でフォローする

米国議会は2020年の防衛予算にガスパイプライン「Nord Stream2」と「TurkStream」への制裁実施費用が計上された。これは公開された文書から確認がされた。

以前、米国の上院および下院の軍事委員会で2020年の国防予算が承認されたことが伝えられた。効力発効のためには米国大統領の署名が必要となる。

文書では「ロシアのエネルギーパイプラインに関する制裁導入での欧州エネルギーの安全保障の保護」が提起されている。

予算は、米国防総省のロシアと中国の抑止に関する措置の報告と、これらの国々にとって政治的また軍事的、経済的、予算的、技術的な費用の増加となる方策の報告を義務付けている。

また予算は、トルコ政府がロシアの地対空ミサイルシステムS-400を購入することからトルコへの戦闘機F-35の売却を禁止し、ウクライナへの総額3億ドル(約326億円)の軍事支援の実施を見越している。

タグ
ロシア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント