18:42 2020年10月20日
政治
短縮 URL
南クリル諸島:不和あるいは協力の島? (91)
0 113
でフォローする

ロシア上院のコンスタンチン・コサチョフ国際問題委員長は、野党・日本共産党委員長の志位和夫氏が読売新聞のインタビューで行ったクリル列島(千島列島)に関する発言についてコメントし、ロシアが立脚するのは日本の公式な立場であり、野党政治家の発言には反応するべきではないとの考えを表した。

志位氏は、日本が南サハリンとクリル列島北部を放棄したサンフランシスコ平和条約は「不当」だと考えている。

同氏は読売新聞に掲載されたインタビューで、ロシアと領土問題を議論することを呼びかけ、全クリル列島の権利を主張した。

関連ニュース

茂木外相 17日よりロシア訪問 日露関係全般を中心に議論を予定

トピック
南クリル諸島:不和あるいは協力の島? (91)
タグ
日本, ロシア, クリル諸島
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント