13:59 2020年09月20日
政治
短縮 URL
0 20
でフォローする

ロシアのセルゲイ・ラブロフ外相が12月19日に日本の茂木敏充外相と会談を行い、平和条約を含めた討議を行うことを、ロシア外務省のマリア・ザハロワ報道官が発表した。

12月19日に両国の外相会談が行われる。会談では、両国間の一連の問題の討議が予定され、その中には、平和条約の問題や南クリル諸島での日本との共同経済活動の確立、国際問題での相互協力などが含まれる。

マリア・ザハロワ報道官は、12月17日から20日にかけ日本の外相がロシアを訪問し、18日には、マクシム・オレシキン経済発展相と日本の外相が共同議長を務める15回目となる貿易経済政府間委員会も開催されることを明かした。

関連ニュース

違法操業で拘束の日本の漁労者らに必要な援助を実施=ロシア外務省

タグ
露日関係, ロシア, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント