18:45 2020年04月10日
政治
短縮 URL
0 10
でフォローする

ロシアとインドが共同で開発した超音速巡航ミサイル「ブラモス」の発射実験がインドで行われ、成功した。発射実験の様子を収めた動画は、インド空軍のツイッターアカウントに投稿された。

巡航ミサイル「ブラモス」は戦闘機Su-30MKから発射され、同国のオリッサ州沖の標的に命中した。

​露印合弁会社「BrahMos Aerospace」の名称は、インドのブラマプトラ川とロシアのモスクワ川にちなんでいる。同企業は、超音速巡航ミサイル「ブラモス」のほか、ミサイル発射装置、ミサイル制御システムの製造、ミサイルサイロの建設、乗組員の訓練やミサイルの修理と近代化を行っている。

超音速巡航ミサイル「ブラモス」の速度は音速の2.5~2.8倍に達する。また、同ミサイルは潜水艦、軍艦、沿岸砲、軍用機からの発射が可能。「ブラモス」の最初の発射実験が行われたのは2001年。インド空軍、海軍、陸軍はそれぞれのバージョンの「ブラモス」を配備している。

関連記事

タグ
ミサイル, 軍事, ロシア, インド
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント